メニュー

寝ぼけ症状の診断・治療

 「寝ぼけ」は、ICSD-3(睡眠障害国際分類第3版:日本語版翻訳中)での正式な名前は「睡眠時随伴症」と言います。眠っているとき、あるいは眠りに落ちるときや目が覚めるとき、眠りが浅くなるときなどのような「眠り」と「覚醒」の境界の状態で生じる体の症状のことを言います。

細かな分類では、

NREM(ノンレム)睡眠時随伴症
・錯乱性覚醒
・睡眠時遊行症(夢遊病)
・睡眠時驚愕症(夜驚)
・睡眠関連摂食異常症(寝ぼけ食い)

REM(レム)睡眠随伴症
・REM睡眠行動障害
・睡眠麻痺(金縛り)
・悪夢障害

その他
・頭蓋内爆発音症候群
・遺尿症(おねしょ)

などがあります。

 

REM睡眠行動障害とは

 最近、「大人の寝ぼけ」として注目されている病気に「REM睡眠行動障害」があります。本来、夢に合わせて体が動くと危険なので、夢を見るとされるREM睡眠が始まると同時に脳のある部分から全身の筋肉にブレーキを駆ける働きがありますが、このブレーキを駆ける働きが、なにかしらかの原因によって低下してしまい、夢に合わせて大声で怒鳴ったり、体をバタバタもがき動かしたり、蹴る・殴るなどの動作をしてしまう病気です。寝ているときのことなので、ご本人は全く気づかないことも有りますが、ご本人が怪我をしてしまう危険、一緒に寝ている方に怪我をさせてしまう危険、あるいは、一緒に生活している方の不眠の原因になりうる病気です。

 また、最近の研究では、レヴィ小体型認知症やパーキンソン病との関連が指摘されております。

 診断は、REM睡眠行動障害に特徴的とされる症状の確認に加え、確定診断を行う場合は、一泊のPSG検査によって、REM睡眠の時の特徴的な筋肉の動き(RWA:REM without Atonia)があるかどうかを確認する必要があります。

 治療は、寝ぼけ症状を軽くするお薬の服用になります。

 

【院長の「ねぼけ症状・REM睡眠行動障害」に関する業績】

論文(共著含む)
中村真樹、井上雄一:睡眠時障害/パラソムニア、「わたしの診療手順」臨床精神医学 第40巻増刊号、257-259, 2012

・Miyamoto T, Miyamoto M, Iwanami M, Kobayashi M, Nakamura M, Inoue Y, Ando C, Hirata K. The REM sleep behavior disorder screening questionnaire: Validation study of a Japanese version, Sleep Med. 10: 1151-1154, 2009
・Miyamoto T, Miyamoto M, Iwanami M, Hirata K, Kobayashi M, Nakamura M, Inoue Y. Olfactory dysfunction in idiopathic REM sleep behavior disorder, Sleep Med. 11: 458-461, 2010
・Hanyu H, Inoue Y, Sakurai H, Kanetaka H, Nakamura M, Miyamoto T, Sasai T, Iwamoto T. Regional cerebral blood flow changes in patients with idiopathic REM sleep behavior disorder. Eur J Neurol 18(5):784-788, 2010
・Hanyu H, Inoue Y, Sakurai H, Kanetaka H, Nakamura M, Miyamoto T, Sasai T, Iwamoto T. Voxel-based magnetic resonance imaging study of structural brain changes in patients with idiopathic REM sleep behavior disorder. Parkinsonism Relat Disord 2012 18(2):136-9
・Sakurai H, Hanyu H, Inoue Y, Kanetaka H, Nakamura M, Miyamoto T, Sasai T, Iwamoto T. Longitudinal study of regional cerebral blood flow in elderly patients with idiopathic rapid eye movement sleep behavior disorder. Geriatr Gerontol Int 2014; 14(1):115-20
・Kawaguchi H, Shimada H, Kodaka F, Suzuki M, Shinotoh H, Hirano S, Kershaw J, Inoue Y, Nakamura M, Sasai T, Kobayashi M, Suhara T, Ito H. Principal Component Analysis of Multimodal Neuromelanin MRI and Dopamine Transporter PET Data Provides a Specific Metric for the Nigral Dopaminergic Neuronal Density. PLOS ONE 2016: e0151191
・Komada Y, Takaesu Y, Matsui K, Nakamura M, Nishida S, Kanno M, Usui A, Inoue Y. Comparison of clinical features between primary and drug-induced sleep-related eating disorder. Neuropsychiatr Dis Treat. 2016 12:1275-80

学会発表(共演含む)・学会講演
・駒田陽子、井上雄一、中村真樹、菅野芽里、西田慎吾、林田健一、植木洋一郎:睡眠関連食行動障害の臨床的特徴、第26回不眠研究会、東京(2010.12)
・駒田陽子、西田慎吾、碓氷章、中村真樹、菅野芽里、笹井妙子、井上雄一:夜間摂食症候群と睡眠関連摂食障害の概日リズムからの検討、第42回日本臨床神経生理学会、東京(2012.11.8)
・駒田陽子、西田慎吾、碓氷章、中村真樹、菅野芽里、笹井妙子、井上雄一:1次性睡眠関連摂食障害と睡眠薬服用・リズム障害に伴う2次性睡眠関連摂食障害の臨床的特徴の比較、第38回日本睡眠学会、秋田(6.28)

・古川彰吾、島田斉、篠遠仁、平野成樹、山田真希子、川口拓之、伊藤浩、西田慎吾、小林美奈、笹井妙子、中村真樹、桑原聡、井上雄一、須原哲也:レム睡眠行動異常症患者の被殻ドーパミントランスポーター結合能の評価、第55回日本神経学会、福岡(2014.5.23)
・Furukawa S, Shimada H, Shinotoh H, Hirano S, Tamada M, Kawaguchi H, Ito H, Nishida S, Kobayashi M, Sasai T, Nakamura M, Kuwabara S, Inoue Y, Suhara T: Quantification of putaminal dopamine transporter in patients with REM sleep behavior disorder and Parkinson’s disease, 18th International Congress of  Parkinson’s Disease and Movement Disorders, Stockholm (2014.6.8)


書籍
中村真樹、井上雄一:レム睡眠行動障害. 「睡眠教室-夜の病気たち-」(宮崎総一郎、井上雄一 編著)新興医学出版社, pp.118-122

 

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME